活動趣旨

東日本大震災から3年目が過ぎようとしている今、被災地のインフラや産業の復興は進みつつありますが、
精神的な痛手を負ってしまった人々のメンタルケアが依然として必要とされています。
とりわけ子供たちには、将来に向かって自立した豊かな人格形成を実現していく上でも、
ストレスや不安、恐怖感などを抱える心をケアし、サポートしていくことが非常に重要な課題となっています。
このような背景から、私たちは長年にわたる呼吸生理学の研究によって培われた呼吸の理論と実践を礎に、
人々の心と体を健やかにする活動『安らぎ呼吸プロジェクト』をスタートさせました。

呼吸は、その人の心を映し出す鏡のようなものです。
緊張や不安を感じると、呼吸は速まり、息苦しさを感じます。
反対に、呼吸のリズムが安定すると、心は自然と落ちつき、安らぎを取り戻していきます。
このしくみを活用すれば、呼吸をコントロールすることによって、心身に健康を導き、
人生の質(クオリティ・オブ・ライフ)を高めることができるのです。

『安らぎ呼吸プロジェクト』では、
呼吸のリズムと体の動作をゆっくりと調和させる「呼吸筋ストレッチ体操」の普及活動を主に行っております。
もともと呼吸器疾患の改善のために開発されたこの体操は、多くの医療施設で取り入れられ、
呼吸によって健康を育む有効な手段としてメディアでも注目を集めています。
私たちは東日本大震災で被災した小学校で「呼吸筋ストレッチ体操」の指導を行い、
すでに多くの子供たちが安らかさや楽しさ、元気や笑顔を取り戻した成果が得られています。
未来を担う子供たちが、東北の復興と共に健やかに成長していけるように。
さらに、被災地という苦難を乗り越えて、以前よりも豊かで幸せな社会が発展していくように願いを込めて、
今後も私たちは『安らぎ呼吸プロジェクト』の活動を続けてまいります。

事業計画

このNPOプロジェクトは8年間の運営期間を一つの区切りとして予定しており、
理事長である本間生夫の数十年にわたる呼吸生理研究の成果を礎として、呼吸で心を支えることの実現を目標としております。

主な事業としては、設立から数年は東北被災地を中心とした「呼吸筋ストレッチ体操”ラッタッタ呼吸体操”」の普及、
イベント及び講演会の開催などを行ってまいりたいと考えております。
その後は全国各地、老若男女に広く普及させていきたいと思っております。

2013~2021年までの計8年間のプロジェクト運営期間
短期計画(2016年までの約3年を想定)
  1. 岩手県宮古市の小学校を中心として「呼吸ワークショップ」開催
  2. 現地での「呼吸体操トレーナー」の募集・育成
  3. 現地でのイベント及び講習会などでの「呼吸ワークショップ」PR活動実施
中期計画(2019年までの約6年を想定)
  1. 東北被災地への「呼吸ワークショップ」開催を拡大
  2. 医療データの取得による「呼吸体操」エビデンス取得
  3. 被災地の子どもたちへの修学資金援助のための育英基金設立
長期計画(2021年までの約8年を想定
  1. 全国での「呼吸ワークショップ」を拡大
  2. 自主運営へ


ページの先頭へ